必見!3Dプリンター試作サービス活用術☆

三角の画像

HOME > 3dプリンターの試作サービス情報 > 3dプリンターの試作を頼む時のポイント

3dプリンターの試作を頼む時のポイント

 以前は商品を開発する時に、金型を使って試作品を作るケースもありました。
このような方法は費用が高く、時間もかかるので効率の良い方法ではありません。
簡単にできる方法としては3dプリンターを使ったやり方が便利で、サービスを提供している会社も多いです。
ただどこに依頼しても良いわけではないため、頼む所は注意して選ばなければいけません。
作る時に使う機械の性能も重要になるため、複数の所を比較しつつ一番良い会社を選ぶべきです。
試作品を頼む時は技術力の高さと、費用がどの程度かかるかを調べておくと上手く行きます。
公式サイトなどに情報が載っているので、依頼する前に調べていけば良い形で利用できます。
3dプリンターを使った試作品作りは、短時間でできるサービスなので新商品開発に向いています。

 3dプリンターを使って試作品を作る時は、何度か作り直してもらう場合があります。
一回だけで成功するケースは少ないため、ある程度の回数作る負担があります。
会社に仕事を頼む時に見落としやすいのは、何度も試作品を作る費用です。
1回だけならば安くすむ場合でも、何度も依頼すれば高額な費用がかかります。
そのため3dプリンターで試作品を依頼する時は、どの程度の回数行うのか確認すべきです。
知っておけば費用を理解できるため、過剰な負担がかからずにすむので安心です。
試作品は何度も作り直すケースが多く、そのたびに費用がかかる点を注意しなければいけません。
3dプリンターを使った作業でも同じような問題が起こるため、負担を確認しておかないと問題が起こります。
詳しい情報は依頼する会社の担当者に聞けば、具体的な話を聞けるので対応できます。

 新商品の試作品を3dプリンターで作る時は、どの程度の品質にするのかも重要です。
大雑把な確認のために作るならば、それほど高い品質でなくてもすみます。
しかし実際に作る製品に近い品質がいる場合は、高度な方法で作ってもらわなければいけません。
3dプリンターには一般的な製品と、同じ程度の品質で製作できるものもあります。
そのため特別なものでも作れるため、依頼をすれば高品質な試作品でも作業してくれます。
3dプリンターを使ったサービスは便利ですが、用途によって利用すべき会社が変わってきます。
必要になる試作品でどの程度の品質が求められているのか、分かっていれば依頼する時に判断がしやすくなります。
3dプリンターのサービスを提供している会社は多く、それぞれに特徴があるので選び方が大切です。
どこを使うか決める時は、作る試作品の目的を明確にしておけば困りません。

次の記事へ