必見!3Dプリンター試作サービス活用術☆

三角の画像

HOME > 3dプリンターの試作サービス情報 > 用途が広がる3dプリンターの試作サービス

用途が広がる3dプリンターの試作サービス

 パソコンとプリンターは同士のような関係ですが、近年はそれを更に進化させた3dプリンターが注目を集めています。
まだ限られた職種でしか使われていませんし、値段もリーズナブルとは言えません。
しかし、近い将来は必ず日本の経済を大きく変える分野だと言われています。
その最たる例と言えるのが、医療の分野ではないでしょうか。
心臓を筆頭に難関と言われる手術や治療に関しては、事前に入念なシミュレーションを行っておく必要があります。
失敗は許されませんし、それが大きなプレッシャーとなってしまいます。
そんな時にこそ、3dプリンターを活用した立体模型が力を発揮します。
実際の患者の臓器の模型を作成することで、模擬手術を行うことが可能になります。
患部の再現も忠実ですし、メスを握る前に知れることは大きなメリットです。

 既に導入をしている病院は多いですし、試作サービスを行ってくれる業者も増えているようです。
建築や自動車関連の職種においても、3dプリンターを導入するケースが増えています。
家を建てる前に色々なデザインを考えることが出来ますし、イメージし易いという利点があります。
平面図では分からないこともたくさんありますし、立体的に見ることで欠点や改善点が見付かるのではないでしょうか。
プリンターの進化が著しいことで、完成までの時間も大幅に短縮されています。
単価も安くなるでしょうし、一般企業においても導入を決断するところが増えるのではないでしょうか。
ビジネスチャンスに目を付ける企業もありますし、印刷業界の革命が進んでいると言えます。
将来的には、作成出来ないものがないと言われています。

 フィギュアや等身大の模型を作ることも可能ですし、車やバイクを作成することも可能だと言われています。
当然コストも安いですし、試作サービスを利用したいと考える企業も増えることが予想されています。
日本の技術力は世界一と言われていますが、決して安泰とは言えません。
中国や韓国の猛追を受けていますし、技術者の流出も問題視されています。
優秀な技術者を引き留めることが重要ですし、見合った賃金を出す環境を整備することが鍵になると言われています。
3dプリンターの研究に関しては、日本が間違いなくトップランナーと言えます。
リードを保った状態で、更に次のステージを目指す必要があります。
これは国家を挙げたプロジェクトと言えますし、国が本腰を入れて取り組むべき課題と言えるのではないでしょうか。

次の記事へ