Best Shop Theme For WordPress

電力自由化をシュミレーションする方法

法律改正により、これまでは地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気について、2016年4月から家庭などに向けた電力自由化が全面自由化されました。このことにより、消費者が自分で多くの企業のサービスから自分に合ったサービスを選択することができるようになりました。 電力自由化による電力供給サービスには、既存の各地域の大手電力会社はもちろん、それ以外に非常に多様な業種の企業が参入し、登録を済ませた企業はおよそ300社程度に上り、それらの競争により電力サービスの質の向上と料金の値下げが期待されます。 電力自由化に新たに参入する電力会社のサービスは、それぞれ特長を打ち出したものであり、家族構成やライフスタイルのタイプ別にターゲットを明確にしたものが多く、シュミレーションによりメリット・デメリットを十分検討して選択することが大切になります。

多様な割引サービスから自分に合ったプランを選ぶ

新電力から新しく提案されている電力プランは、昼間や夜間などの電力使用量に合わせて時間帯ごとに電気料金を設定し選択できるプランや、曜日ごとに電気料金が変わるプラン、寒冷地などにおいては冬に暖房のために電力をたくさん使う時間帯にお得な電気料金を設定したプランなどがあります。これらは、一人暮らし、2世帯、3世帯の家族構成や休日が土日かどうかなど、多様なライフスタイルに合わせたプランになっています。シュミレーションにより自分のライフスタイルにマッチした電気料金プランを選択することが可能です。 また、多様な業種の提供会社の様々なサービスを合わせて利用することで、料金割引の設定を導入している新電力がほとんどです。この点も大事なポイントであり、同じ業者でのセットで割引は一石二鳥で簡単で、家計に大きく貢献してくれます。

ホームページ上で電気料金比較シミュレーション

 新しい電力プランの選択肢が多いことは良いことですが、どれを選んでよいかわからないことにも繋がり、電力会社を選ぶのは実際は難しく、検討の時間がとれない人などは電気料金の比較サイトを利用すると便利です。 これらのサービスや割引により、電気料金がお得になります。一例として、月平均で300Kwh利用の家庭では年間約2500円、400kwh利用の家庭では年間8500円程度の節約という事例がありますが、ほかのケースでの試算のために、ホームページ上で電気料金比較シュミレーションができるようになっています。過去一年の電気料金の請求書を準備して各月の電気料金を計算し年間分を集計みるとより正確な電気量の試算ができます。 もちろん供給される力は今まで供給されていたもとと全く同じであり、品質や信頼性の問題はありません。さらに、切り替えに伴う電気工事は必要なく、費用も一切発生しません。