Best Shop Theme For WordPress

電力自由化のシュミレーションでわかること

電力自由化とは、個々の消費者が電気の供給を受ける事業者を選択できる制度です。契約先が自由になるだけではなく、制度上は誰でも電力を供給する側にもなることができます。元来、日本では電力供給は民営の電力会社だけが行う事業でした。全国をエリアごとに10社に分け、それぞれの会社がその地域の電力供給を独占する状態が続いていました。電力設備の維持・管理には莫大なコストがかかり、もしも経済的理由から安定的な供給が止まると、地域の生活に重大な影響を及ぼすという理由があったからです。しかしバブル崩壊以後、コスト引き下げや国外との価格差を是正するために競争原理を導入しようという意見が出ました。その後、2000年頃から企業など大規模な電力使用者から自由化が始まり、近年、一般家庭にもその対象が広まりました。

シュミレーションではどれくらい安くなるかがわかります

電力自由化に伴い、100社以上が電力事業に参入しています。それぞれの会社のホームページでは料金シュミレーションができます。ただし、シュミレーションをする際には確認しておくことがあります。まず、使用明細など直近1年間の電力使用量がわかるものを用意しましょう。電力の使用量により割引率が変わってきますので、正確な数字を出すのに必要になります。次に、契約アンペア数を確認します。アンペア数とは、電気を同時にどのくらいの量まで使えるかという概念で、基本料金に影響します。さらに、従量電灯AかBかを確認すれば準備完了です。数字を打ち込むと割引額が表示されます。東京電力など、既存の電力会社の契約では、月間300kWhを超えると電力の単価が上がります。自由化で業者が変わるとこの使用量の部分で最もお得になる場合が多いです。

料金シュミレーションと同時にもらえる特典もチェック

電力自由化では、ガス、石油などのエネルギー企業や通信会社を中心に様々な業種の企業が参入しています。消費者が公共料金としてこれまでもお金を支払っていた企業が多く、支払いをまとめることでお得になるというイメージがあるのはそのためです。個々の会社では電気の契約者に対し特典を用意しています。たとえばJXや昭和シェル石油ではガソリンの価格が安くなります。ソフトバンクではTポイント、auではau walletのキャッシュバックが付きます。時間帯別割引など生活スタイルに合った料金体系や、一番得になる特典をもらえる会社を選ぶ人が多いと思われます。なお、電力自由化により参入した会社と契約しても、停電やトラブルのリスクが高まることは一切ありませんので安心して選択することができます。