Best Shop Theme For WordPress

電力自由化でシュミレーションするメリット

2016年4月に新しいサービスが始まったのですが、そのサービスというのが電力自由化です。電力自由化は、これまで電力を購入するためには電力会社から購入するしかなかったのですがそれを緩和し使用電気の配電部分だけを自由化したのです。なぜ電力自由化をしたのか、それは2011年にさかのぼることになります。2011年に起きた福島沖の大震災、それによって東京電力の配電設備が破損し関東の大半の電力供給が止まったのです。本来であれば一つの配電システムが壊れても、別の配電システムを使えるのが通常なのですが日本の場合それぞれの地域の電力会社が製造から供給販売まで一括で独占していたのです。そのため地域によって使える電気は遺伝システムが違うことで使えず、インフラなど電力が必要なときに使えなくなるデメリットが起きたのです。その問題を受けて、2016年に配電と供給部分が自由化され様々な企業が参入することになります。

実際に電力自由化をするメリットとは

この配電部分だけを自由化することによって得られるメリットは、やはり電力料金を自らで判断し選択できることです。これまで電力会社が配給する料金は一定で決まっているのですが、これまでは購入を電力会社からしかないので決まった時間帯の料金を支払うことで合意するしかなかったのです。ただ一定で決まっているということは、生活スタイルが料金が高い時間にたくさん使うような状態になっていると結局支払う料金に格差が生まれてしまい損が生まれることになります。そこで自由化を上手く利用すると、自らの生活スタイルの中で電力を多く使う時間帯の安い設定をされているところを選べば支払う電力料金を安くすることが出来ます。さらには配給会社には、自社の特徴を十分に生かしたサービスも行っているので購入者にとってメリットは大きいです。

ただし実際に利用する前に行ってほしいシュミレーション

現在の電力会社からの配給では支払う料金が高くなっていると考えたときには、自らの生活スタイルにあった電力会社を選ぶことがよいです。しかし実際に選択する前に、しっかりとシュミレーションすることも大事になります。シュミレーションをするメリットは、やはり事前に確認することが出来ることです。先に言ったとおりに電力自由化のメリットは時間帯の安い設定をされているところを選べば支払う電力料金を安くすることが出来るが理想ではあります。ただ生活というのは1日だけの話ではなく、1ヶ月の総合が生活スタイルとなります。1日だけ安くするような設定をしても、1ヶ月の中で合わない生活スタイルの料金を選んだら損になります。そこであらかじめ1ヶ月の生活スタイルと配給企業の電力料金を比べることによって安全にメリットを得ることが出来ます。